使用量に応じた最適なガス供給用法

  1. HOME>
  2. 使用量に応じた最適なガス供給用法

使用量に応じた最適なガス供給用法

使用量や頻度など、お客様の用途に合わせて最適な供給用法をご提案させていただきます。
詳細に関しましては、最寄りの営業所、または販売店にお問い合わせ下さい。

様々なガス供給方法

ガスの供給方法には、おおまかに分けて以下の4種類がございます。
1.ガス量の少ない順にシリンダー
2.液体を充填した可搬式容器のLGC
3.タンクローリーで配送を行うCE(コールドエバポレーター)
4.生産基地から直接供給するパイピング供給。
一般的には上記4種より、お客様のご希望の純度や使用量により決定致します。

酸素、窒素、アルゴンにおける、純度&使用量と供給方法の相関図

酸素、窒素、アルゴンの3種類においては、お客様のご要望の純度や使用量によって、一般的に以下のような供給方法を取っております。※

※ 以下の表はあくまで一例となっております。供給場所や用途等によっては変化することがございます。

【酸素(O2)】「時間あたり酸素使用量(Nm/h)及び純度に応じた供給方法」

【窒素(N2)】「時間あたり窒素使用量(Nm/h)及び純度に応じた供給方法」

【アルゴン(Ar)】「月間アルゴン使用量(Sm/月)及び純度に応じた供給方法」

実際の供給においては、上記以外の要因も供給方法決定の一員となります為、ガスをご利用の際には、是非お近くの支社、支店に御連絡下さい!
お客様に最適な供給方法をご提案させて頂きます!