燃焼分野

  1. HOME>
  2. 製品一覧>
  3. 燃焼分野

燃焼分野

燃焼において酸素は欠かせないガスです。
通常は空気中に21%程しか存在しない酸素ですが、酸素供給量を増やしてあげることで、燃焼の効率は大幅に向上し、燃焼温度の向上や燃料の低減などの様々な効果が期待できます。高温の炎で金属やガラスをドロドロに溶かすといった用途や、大量のごみを焼却するといった用途では、酸素を利用した燃焼がごく一般的に行われています。
当社はお客様に単にガスを製造・供給するのみに留まらず、より効率的にガスをお使い頂けるよう、機器やシステムの研究開発に日々励んで参りました。

ガスメーカーの当社だからこそ出来る、ガスの効果を最大限に生かす各種バーナーシステムや、紛体を溶解、球状化する技術等、当社独自の様々な設備、経験を有しております。

燃焼、溶解においてお悩みのある方や、当社の燃焼技術に興味をお持ちの方は、下記電話番号・お問い合わせフォームより、またはお近くの営業窓口までお気軽にお問い合わせ下さい!

その他不明点がございましたら、下記電話番号、またはお問い合わせフォームより、
お気軽にお問い合わせ下さい。

産業ガス事業本部/パイピング・PSA事業部/機器装置営業部

TEL 03-5788-8330

お問い合わせフォームはこちら

燃焼分野の製品一覧

金属ナノ微粒子
金属微粒子は、小型電子部品の電極や配線材料として、太陽電池や薄型ディスプレー、積層セラミックコンデンサーなど幅広い用途で使用されています。近年のスマートフォンやタブレット端末などの普及により需要が増加しています。電子デバイスの小型・薄型化が進行していることや、プリンテッドエレクトロニクス技術(インクジェットなどの印刷技術を利用した微細配線作製技術)の本格的な実用化が近いことなどから、金属微粒子をさらに微細化する必要があり、高品質で低コストな金属ナノ粒子が求められています。当社はガスの分野でのノウハウを生かし、酸素バーナーを用いた世界初の乾式製法により、低コストかつ数百kg/月の超微粒子量産技術を実現いたしました。100g程度の少量サンプル販売から行っておりますので、是非お問い合わせ下さい!
製鋼用酸素バーナー・ランス ”SCOPE-JET”
SCOPE-JETは、電炉操業に必要なバーナ機能とランス機能の両方を兼ね備えています。 溶解期には超高速ジェットと火炎の光速カッティングによりスクラップの嵩(かさ)を減らし、高効率な溶解を補助。精錬期には、超音速の酸素ジェットによりランスとして機能し、均一脱炭を実現。 また電極の熱が届きにくい「コールドスポット」に対しての伝熱や、簡易構造でメンテナンスフリーな点も特徴となっており、酸素利用効率の向上による電力原単位の削減、溶解時間の短縮が可能となります! 更に、ガス/液体の様々な燃料に対応しているため、お客様の用途に合わせた仕様でお使い頂けます!
加熱炉・取鍋用バーナー ”Innova-Jet”
酸素富化燃焼バーナシステム「Innova-Jet」は、加熱炉、焼成炉、取鍋などにおいて、燃焼温度の向上、燃料使用量削減、加熱時間の短縮、またCO2排出量の削減を目的に開発された、空気バーナーの代替技術です。また当社独自の「振動燃焼システム」により、特殊な排ガス処理設備を準備することなく、窒素酸化物(NOx)の排出量を大幅に削減することも可能な、画期的なバーナシステムです。