熱処理分野

  1. HOME>
  2. 製品一覧>
  3. 熱処理分野

熱処理分野

熱処理とは、熱を利用して素材の形状や性質を変化させる技術です。
刀鍛冶が鋼を熱し、冷やし、切れ味の鋭い日本刀を作り上げる工程も熱処理の一例であり、日本では実に約1,000年前には既に行われていたと考えられています。

この技術を利用して、品質を向上した金属製品が、ゴルフクラブや包丁、自動車部品等として、実際に皆様の生活の中で様々な形で使用されています。

熱処理においては、材料となる金属や炉と並んで、炉内の雰囲気(ガス)も、出来上がる製品の品質を左右する重要な要素です。当社はガスメーカーとして、最適な雰囲気ガスの供給だけでなく、お客様が実際にお使いの炉内状況を把握し、ガスの種類や流れ、流量の改善により、熱処理品質を向上させるといったサービスも行っております。

熱処理関連でお悩みのある方や、当社の技術に興味をお持ちの方は、下記電話番号・お問い合わせフォームより、またはお近くの営業窓口までお気軽にお問い合わせ下さい!

その他不明点がございましたら、下記電話番号、またはお問い合わせフォームより、
お気軽にお問い合わせ下さい。

産業ガス事業本部/パイピング・PSA事業部/機器装置営業部

TEL 03-5788-8330

お問い合わせフォームはこちら

熱処理分野の製品一覧

サブゼロ装置
サブゼロ処理とは? ・焼入れ鋼を0℃以下(-60~-80℃)に急速冷却する熱処理。 ・焼入れ鋼中の残留オーステナイトをマルテンサイトに変態させる。 それにより。。。 金属組織の均一化による焼入れ硬度の上昇や、 残留オーステナイトの経年変化抑制による時効変形・割れの防止が可能!      
”CycroFlex”~省エネ型酸素燃焼式高濃度ガス変成炉~
酸素を利用した酸素燃焼方式の新しい浸炭処理用ガス変成炉です。従来の吸熱型ガス変成炉の代替装置としてご利用頂けます。純酸素を用いる事で従来よりも高濃度なCOを発生させる事が可能です。