サブゼロ装置

  1. HOME>
  2. 製品一覧>
  3. サブゼロ装置

特徴

  • 特徴01
    庫内温度-120℃まで10分以内で到達
  • 特徴01
    シンプル構造の為、トラブルが発生しにくい
  • 特徴01
    メンテナンスコストが安価
  • 特徴01
    標準仕様からカスタマイズ品まで幅広く対応可能

概要

サブゼロ処理とは?

・焼入れ鋼を0℃以下(-60~-80℃)に急速冷却する熱処理。

・焼入れ鋼中の残留オーステナイトマルテンサイトに変態させる。

それにより。。。

金属組織の均一化による焼入れ硬度の上昇や、

残留オーステナイトの経年変化抑制による時効変形・割れの防止が可能!

 

 

 

用途

自動車部品メーカー様、航空機部品メーカー様、精密部品メーカー様での

ベアリング、シャフト、ゲージブロックなど

製品紹介

サブゼロ処理方法

サブゼロ装置写真①

 

 

実績

 

国内外での納入実績100台以上!!

・ご要望の寸法・仕様にカスタマイズ可能!

・庫内有効寸法実績

  MIN :W300×D300×H300mm

  MAX :W2300×D6300×H1500mm

・オプション

  結露対策 : 庫内複温用ヒーター

            庫内ドライ窒素ガスパージ機構

  安全対策 : ライトカーテン

             庫内酸素濃度監視機構

             庫内エアーパージ機構

  その他   : 記録計

             プログラム式温度調節計

                      前扉自動開閉機構など

 

お問い合わせ先

大陽日酸株式会社 産業ガス事業本部 特販事業部 特販営業部

〒142-8558 東京都品川区小山1-3-26 東洋Bldg.

TEL03-5788-8305

FAX03-5788-8709

メールでのお問い合せはこちら

関連ページ

関連サービス/製品