酸化を防止したい

  1. HOME>
  2. 酸化を防止したい

酸化を防止したい

金属の錆(さび)や食品の劣化など、酸化による悪影響はものづくりにおいて対処しなければならない大きな問題ですが、その多くは空気中に存在する酸素が原因となっています。酸化を防ぐ方法の中でも最も簡単な方法の一つが、ガスを用いた雰囲気置換です。酸素を含んだ雰囲気を窒素などのガスで置き換えてあげることで、反応する酸素が無い環境を簡単に作り出すことが出来ます。
窒素を用いた酸化防止の例としては、ポテトチップスやお菓子のパックなどがあります。袋詰めの際の窒素封入により酸化から守られることで、賞味期限を長くすることが可能となります。またマヨネーズやワインのボトル等に対しては、密封前に液体窒素を滴下、気化した窒素が空気をボトル外に押し出したところで密封をすることで、ボトル内の雰囲気を窒素に置き換えています。
酸化にお困りのお客様、下記電話番号・お問い合わせフォームより、またはお近くの営業窓口までお気軽にお問い合わせ下さい!

産業ガス事業本部/パイピング・PSA事業部/機器装置営業部

TEL 03-5788-8330

お問い合わせフォームはこちら

関連する製品一覧

ガス封入システム「Bistranza-MAP」
日本国内において、食品のガス包装に使用できるガスは、食品添加物であることが条件となります。ガスの種類と特徴は、