凍結・冷却をしたい

  1. HOME>
  2. 凍結・冷却をしたい

凍結・冷却をしたい

「冷やす」、「凍らせる」といった処理は、現代社会の私達の生活には欠かせないものです。一般家庭で利用されている冷蔵庫は電気式が一般的ですが、工場や研究機関などの大規模な凍結・冷却用途においては、液体窒素を利用した方式が数多く採用されています。
液体窒素式冷凍機のメリットとしては、-196℃という極低温による、瞬間的な凍結・冷却が挙げられます。それにより食品解凍時の品質の大幅な改善や、装置の立ち上げ時間の短縮が可能となります。また、初期投資が電気式冷凍機と比較して安価で済む点や、設備が比較的コンパクトで済む点、災害等の停電時にも液体窒素が残っている限り低温状態を保持することが可能な点も、強みとなっています。
凍結乾燥や液滴の球状凍結、凍結粉砕やアイスの表面固化等、様々な技術を保有しております。
凍結や冷却に関してお悩みのある方や、当社の低温技術に興味をお持ちの方は、下記電話番号・お問い合わせフォームより、またはお近くの営業窓口までお気軽にお問い合わせ下さい!

産業ガス事業本部/パイピング・PSA事業部/機器装置営業部

TEL 03-5788-8330

お問い合わせフォームはこちら

関連する製品一覧

サブゼロ装置(クールマイスターシリーズ)
サブゼロ処理とは?・焼入れ鋼を0℃以下(-60~-80℃)に急速冷却する熱処理。・焼入れ鋼中の残留オーステナイトをマルテンサイトに変態させる。それにより。。。金属組織の均一化による焼入れ硬度の上昇や、残留オーステナイトの経年変化抑制による時効変形・割れの防止が可能!
サブゼロ装置
サブゼロ処理とは? ・焼入れ鋼を0℃以下(-60~-80℃)に急速冷却する熱処理。 ・焼入れ鋼中の残留オーステナイトをマルテンサイトに変態させる。 それにより。。。 金属組織の均一化による焼入れ硬度の上昇や、 残留オーステナイトの経年変化抑制による時効変形・割れの防止が可能!      
低温反応制御システム
液体窒素の冷熱を利用して、化学合成環境を低温に保持するシステムです。 間接冷却式[低温ブライン制御方式] 直接冷却式[液化窒素制御方式]