HOME製品一覧 ヘリウム再凝縮装置

 

ヘリウム再凝縮装置

  • トランスファー操作不要
  • 既存クライオスタット取付可能
  • 無人運転可能

ルスチューブ型 ヘリウム再凝縮装置


Model TRG-330PT

 

■用途 

SQUID帯磁率測定用クライオスタット
超電導マグネットクライオスタット
希釈冷凍機クライオスタット
物性測定用クライオスタット


■操作図例1

■操作図例2


■仕様

NMR用 ヘリウム蒸発抑制装置

Model TRG-305PT

 

■用途

NMR用

■イメージ1

■イメージ2


■仕様

ヘリウム再凝縮装置

Model TRG-370DS,340DS

 

■用途

SQUID帯磁率測定用クライオスタット
超電導マグネットクライオスタット
希釈冷凍機クライオスタット
物性測定用クライオスタット

■定常時

■上昇時


■仕様

■フロー図例


導入事例

あるお客様の液体ヘリウムデュアーを用いた超低温の実験では、

毎回液体ヘリウムをトランスファーすることで、液面を管理しながら実験業務を行っていました。

液面が下限までくると再度トランスファーする必要があり、

本来の実験以外で業務コストが発生しており、課題となっていました。

 

そこで、弊社のヘリウム再凝縮装置を導入。

既存の液体ヘリウムデュアーに設置ができるため、今までと同じ実験装置を使うことができました。

さらに24時間の無人運転で、ヘリウムの液面をずっと保持してくれるので、

実験に集中することができるようになりました。

お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です